看護師の国家試験は、年に1度催されます。

看護師の国家試験は、年に1度催されます。看護師の人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をパスできれば合格できる国家試験です。
なぜ看護師になろうと思ったのかは本当にどんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。
転職の場合の志望動機はこれまでに経験したことを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。
これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大事です。
産業看護師とは一般企業に勤務する看護師のことを指します。
看護師と聞くと病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所に勤務している人もいます。
具体的な仕事内容やその役目は勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康維持と健康管理は基本的な仕事と考えてください。
産業看護師は働く人の健康のために保健について指導したり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのは難しいでしょう。興味を持たれた方は看護師転職サイトを活用してください。そういったサイトでは、産業看護師の求人も掲載されることが多いです。
看護師だと、求人はたくさんありますが、希望通りの条件の求人があるとは言えません。
看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う方が多いです。希望に合う勤め先に転職するためには、情報の収集が重要になります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ