看護師になるための国家試験は、年に1度

看護師になるための国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後と非常に高いレベルを保ち続けています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に見合う条件の求人がある訳ではありません。
看護師の資格を持つ人でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。
できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない病院などに勤務したいと思う人が多いはずです。
希望に合う勤め先に転職するためには、情報収集が重要です。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。
職場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、仕事中に仮眠をとることが可能です。
国の指針では、月に8回までとされていますが、それ以上になってしまうことも多いです。仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部かもしれません。
高齢化が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが増加傾向にあるのです。それに、大手の会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。このようなケースは、その企業の社員として入社するといったこともありえるでしょう。看護師の資格を得るためには、何通りかの道すじが考えられます。看護師免許を得るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要です。産業看護師は従業員の健康が保てるように保健の指導やメンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。
産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワークなどで見つけるのは無理かもしれません。興味を持たれた方は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人などもたくさん掲載されています。
看護師の勤め先といえば、病院という考えが一般の考えでしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも多々あります。保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
高校入学時に衛生看護科で勉強を始めると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変えることは難しいです。また、最低5年で試験を受けられますが、期間が短いことが理由で勉強したり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ