全国の看護師年収は平均して437万円

全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料のアップ率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護士を志望する理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師になろうと思ったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の時の理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。
以前の職場への批判などは言わないようにしましょう。
看護師の働き先といえば、病院と想像するのがオーソドックスでしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役割です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
産業看護師とは一般企業で働く看護師のことを指します。
看護師といったら病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設けている会社もあり、そこで仕事をしている人もいます。具体的な仕事内容やその役目は働く会社により、様々ですが、従業員の健康維持と健康管理は基本的な仕事でしょう。
看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に見合う条件の求人があるとは言えません。
看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいとほとんどの方が思っています。望み通りのところに転職するには、情報収集が重要になるのです。
看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させられるそうです。
厳しい学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。
看護師の資格を得るためには、何通りかのコースがあるでしょう。
看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して学ぶことが必要です。
高校入学時に衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更は困難です。
また、最低5年で試験を受けられますが、期間が短いことが理由で勉強したり、実習をこなす量が少なくて簡単には試験に合格できないという面もあるようです。
看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度開催されます。看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを推移しています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格を勝ち取ることのできる試験です。看護師の転職を成功させるには、未来のことを考え、迅速に行動を起こす必要があります。
それに、どのような条件を重視するのかを決めておく方がいいでしょう。
未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。
年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ